ビデオ面接を行うメリット

パソコンを操作する人

面接から採用までがスピーディ

面接のセッティングは、採用担当の時間や会議室などの会場確保、候補者の予定と照らし合わせて行われます。そのため、どうしても面接から採用までに時間がかかります。しかし、ビデオ面接を行う事で、場所を取ることもなく、時間も合わせやすくなります。

面接の様子を複数人で確認できる

通常の面接になると、直接候補者と話をするのは面接官だけになります。しかし、多くの企業では複数の採用担当が在籍します。ビデオ面接では、面接の記録を残せるため、採用担当全員で確認する事もできます。

本質を確認しやすい

企業では学歴だけではなく、ポテンシャルやコミュニケーション力も重視することが多くなりました。そのため、履歴書だけでは読み取れない本質を、ビデオ面接では確認しやすいとされています。

コスト削減にも繋がる

ビデオ面接を可能にすることで、会場の手配や地方への出張面接も不要になります。そのため、コスト削減にも繋がってきます。

導入する事で企業の向上に繋がる方法を比較

時間や場所を選ばない面接方法

ビデオ面接なら、予定を合わせづらいなど今まで抱えていた問題を解決できます。応募者が自宅からでも面接を受けられるので、面接応募者を増やすことができます。

企業内容と照らし合わせた人事配置方法

企業には多くの業務内容があり、タレントマネジメントを動員する事で、それぞれに適正な人材を配置する事ができます。また、そうする事で業務実績を上げることにも繋がります。

グループチャットを職場に導入★

タレントマネジメントで従業員1人1人の適材適所を把握

会議

欧米でも注目されているタレントマネジメント

タレントマネジメントでは、従業員のタレントやスキル、経験、能力など様々な点をデータベース化し、その人に最も適した環境を打ち出すシステムになります。そのため、個々の活用や育成にも大きな力になります。

男の人

タレントマネジメントを導入するメリット

企業にてタレントマネジメントを導入することで、従業員のスキルや経験、能力などをきちんと把握できます。そうすると、どの分野に適した人材かを判断することができ、現場のニーズに迅速に対応できます。

面接

技術力の促進にもなる

タレントマネジメントにて、適正な人材を配置することができます。それと同時に、メンバー間でのモチベーション向上にも繋がるため、技術力を高めることにもなります。

レディ

人材育成にも力を入れられる

タレントマネジメントで個々のタレントをデータ化すると、得意・不得意を明確にするころも可能になります。そのため、どういったスキルアップが求められているかも図ることができます。

[PR]
会計システムを有効活用
機能満載のシステムで業務を活性化

タレントマネジメントを導入した企業の声

オフィス

グループ全体の成長を実現

全従業員の能力を活かしつつ、グループの成長に繋げるにはどうすればいいかと考えていました。そんな時に、タレントマネジメントを導入し、適材適所への人材配置が可能になりました。

チーム皆のスキルアップに成功

チームワークが重要な業務のため、全従業員のスキルを把握することが難しい問題でした。しかし、タレントマネジメントを導入したことにより、習得スキルの状態を細かく確認でき、それぞれのスキルアップも可能になりました。

スタッフの経験値や特性を把握

タレントマネジメントを導入して、担当するエリアメンバーのタレントをきちんと把握することが可能になりました。適切な人事も可能になり、売上向上にも繋がりました。

データに基づいた人事システム

今までの経験値に頼るだけの人事ではなく、きちんと分析データに基づいた人事を実行することができるようになりました。そのため、人事施策の向上も実現できました。

[PR]
グループウェアを業務で使おう
情報共有にかかる時間を短縮☆

広告募集中